経営改善、企業譲渡、後継者問題に事業再生を紹介する無料相談・情報提供ページ

事業再生

事業再生ってなに?

事業再生とは、現状および今後にわたって収益力が見込めて競合力のある採算事業を残して、これに特化していくと共に、収益力が見込めなく競合力がない不採算事業を切り離して、財務体質を改善することで事業の再構築を行う事です。

これには、まず当期を含む過去二期分の決算書から正確な損益分岐点を把握するために、変動損益計算書を作成して現時点でのキャッシュフロー(現金の流れ)を確認して、採算事業の収益とのバランス判断を貸借対照表を作成して行い、不採算事業の切り離しを検討していきます。

採算事業は、あらゆる分析から新たな企業戦略を構築し、これらを基に企業再生計画書を作成して利害関係者との折衝・調整を行っていきます。

損益計算書(P/L)、キャッシュフロー(C/F)、貸借対照表(B/S)

事業再生の流れ

分析・診断
  • 診断:キャッシュフロー(C/F)診断、損益計算書(P/L)診断、貸借対照表(B/S)診断
    これにより現金の流れから借入返済可能額を精査して行きます。
  • 分析:SWOT分析※、PPM分析※
    これにより採算事業と不採算事業を精査して行きます。
立案
  • 企業の再生手法
    事業譲渡、会社分割、DES、DDS、M&A etc…
  • 財務改善計画
    借入金のリスケジュール、遊休不動産の売却、社屋のセール&リースバック etc…
再生スキーム・実行支援
  • 再生スキームの立案に基づくチーム組成
  • 金融機関対策、人事制度の改善、業務の効率改善

金融検査マニュアルについて

利害関係者である金融機関が取引先の融資に関して判断基準とする信用格付を、金融庁が銀行を検査するときの金融検査マニュアルの中にある「信用リスク検査マニュアル」に従って評価します。

事業再生手法にはDES、DDS、リスケジュール等があり、成功させるためには金融機関との折衝・調整が大きなポイントとなります。また、金融機関は貸倒引当を義務付けれています。
また、債務返済年数に関しては営業利益+減価償却費の合計を有利子負債で割った期間が一般的です。

債務返済年数 返済可否の判断基準
債務返済年数
  • 営業利益+減価償却費からの支払能力
  • 確定段階で黒字計上している
  • 一過性の赤字もしくは損切りによる赤字
  • 二期連続の赤字計上している

金融検査マニュアルの分類

区分 内容 貸倒引当率
正常先 業績が良好で、財務内容に問題がない。 債権額の約5%
要注意先 業績が低迷または不安定で財務内容に問題あり。
不渡手形、融通手形、期日決済に懸念ある割引手形を保有融資が実質的に繰越欠損の補填にされている。
債権額の約15%
要管理先 金利減免、棚上げなど貸し出し条件に問題あり。
元金返済、利息支払いが事実上延滞している。
元金、利息支払いが実質的に3ヶ月以上延滞している。
元金の返済猶予など貸し出し条件の大幅な軽減をしている。
債権額の約15%
破綻懸念先 現状、経営破綻の状況にはないが経営難の状況。
債務超過で、今後は経営破綻に陥る可能性がある。
業況が著しく低調で貸出金が延滞状態である。
債権額の約75%
実質破綻先 法的な経営破綻の事実は発生していない。
深刻な経営難の状況で再建の見通しがない。
大幅な債務超過に相当期間陥って、事業好転の見通しがない。
元金返済、利息支払いが実質的に6ヶ月以上滞納している。
債権額の100%
破綻先 法的な経営破綻の事実が発生している。 債権額の100%

事業再生のポイント

事業再生を進める中で、重要なポイントは利害関係者からの理解を得る事です。大きく分けると利害関係者は株主、金融機関、得意先および仕入先、従業員です。各利害関係者の懸念事項で主なものは次の通りです。

ここで共通して大切な事は、信頼関係が構築できていると言う事です。
又、利害関係者の理解を得るためには、企業再生計画を事業計画書を作成する事で会社の実情から今後の展望を具体的な期間と数値で説明することが重要です。

また、金融検査マニュアルの中には、破綻懸念先と判断された企業でも5年から10年以内に正常先に戻れる事業計画書を作成すれば、区分が上位になる可能性がある事も謳われてます。
それだけ事業再生では事業計画書の作成が重要です。
事業計画書の添付書類として準備しておきたい書類は次の通りです。

利害関係者の懸念事項

株主
株価の急落による株式価値の毀損
金融機関
債権回収の可能性。企業の存続。今後の健全な取引継続(貸出金)
取引先・仕入先
売掛金回収の可能性。連鎖倒産の危機回避。今後の健全な取引継続(商品仕入・納入)
従業員
給与遅延の可能性。人材流出の危険性。今後の安定的な継続雇用(リストラ不安)

事業計画書の添付資料

  • 現状の企業分析資料
  • 企業分析による不採算事業の切り離し方法
  • 今後の事業目標を基にした経営計画書(経営戦略・人員計画・マーケティング方法)
  • 経営計画書を基にした目標損益計算書、目標貸借対照表
  • 資金繰り計画(借入計画・損益分岐点分析)

SWOT分析とは?

SWOT分析とは、事業戦略立案のためのフレームワークで、環境分析のスタートとなる分析ツールです。
自社の強み(Strength)、弱み(Weakness)の内部要因と、市場や顧客獲得の機会(Opportunity)、脅威(Threat)の外部要因をマトリックスにして客観的に分析するために使用されます。

外部環境と内部環境の現状を抽出した上で、強みを機会に活かす、弱みと脅威のはち合わせを回避する、強みを強化する、弱みを強みに変える、と言った事を考えていきます。

  機会(Opportunity) 脅威(Threat)
強み
(Strength)
自社の強みで市場が要求してる事業機会はなにか?
企業にとって最も環境に適合できて独自性を発揮できる領域
自社の強みで脅威を回避できるか?
他社の脅威を自社の強みで事業機会に出来るか?
強みで対処できないなら回避すべき領域
弱み
(Weakness)
自社の弱みで事業機会を逃がさないか?
企業の弱みが克服できれば選択できる領域
自社の弱みに脅威が訪れる最悪の状態はなにか?
回避すべき領域

PPM分析とは?

PPM分析とは、事業ポートフォリオを考えるフレームワークで、プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントの略です。

片側の軸に市場成長率、もう片側の軸に相対マーケットシェアをマトリックスにして、事業を4つの象限に分類して大きな事業戦略の方向性を分析するために使用されます。

その4つの象限から花形産業なら維持戦略、金のなる木なら維持戦略もしくは収穫戦略、問題児なら拡大戦略もしくは収穫戦略、負け犬なら収穫戦略もしくは撤退戦略と言った事を考えていきます。

PPM分析

事業再生に関するお役立ちトピックス

  • 資金繰りと事業再生に関して

    国内には約400万社の法人が存在する内、10社に1社は返済リスケジュールを行っており、資金繰りに苦しんでいる。特に中小零細企業の資金繰り悪化、経営不振が多く「耐[...]

    2014年2月2日

  • 相続放棄は詐害行為になるのか?

    父の死亡で相続が発生しました。相続財産は500万円の預貯金と不動産があり、対象者は母と私と弟の3名で不動産には現在母が住んでいます。私には事業資金の負債があり、[...]

    2013年12月18日

  • リースバックの買戻しに自分名義でローンが組めるか?

    保証会社から期限の利益の喪失に関する通知書が届き、一括返済が出来なければ競売の申し立てをすると言われてます。自宅マンションの市場査定額3,200万円に対してロー[...]

    2013年12月18日

  • 群馬県信用保証協会の再生支援について

    金融機関に対して保証会社が代位弁済した保証付融資(求償権)について群馬県信用保証協会では再生支援を行っています。延滞や期限経過等または事故報告提出事由が発生して[...]

    2013年12月3日

  • 中小企業の再挑戦に関する新たな私的整理

    平成25年12月1日の日経新聞で、政府は業績が悪化した中小企業の経営者が早期に事業再生や会社清算に取り組める新たな私的整理の指針を設けることを経済対策に盛り込む[...]

    2013年12月1日

  • 株式会社インプルーブが不動産セール&リースバックを業務強化

    再生支援センターのパートナー企業で、首都圏エリアの任意売却を中心とした不動産ソリューションを展開している株式会社インプルーブ(本社:東京都千代田区、代表取締役:[...]

    2013年7月3日

  • 金融円滑化法終了後の倒産件数短月最多

    株式会社東京商工リサーチの調べで、平成25年4月の『中小企業金融円滑化法』に基づく貸付条件変更利用後の倒産件数は平成24年3月の38件を上回り、単月としては最多[...]

    2013年5月6日

  • 2013年1月企業倒産の動向

    今年3月末に期限切れが迫るなか、2013年1月の『中小企業円滑化法』に基づく貸付条件変更利用後の倒産統計を東京商工リサーチ社が負債額1,000万円以上の企業を対[...]

    2013年2月10日

  • 金融円滑化法による貸付変更後の倒産件数

    東京商工リサーチ社が平成24年上半期(1~6月)における、金融円滑化法による貸し付け条件変更後の倒産件数を106件と前年同期の50件に対して約2.1倍に倍増した[...]

    2012年7月13日

  • 2011年3月倒産集計

    4月8日、帝国データバンクと東京商工リサーチから2011年3月の全国企業倒産の集計結果が発表された。同月の倒産件数と負債総額は、帝国データの発表では1,041件[...]

    2011年4月11日

個人・法人の再生のことならお任せください!一緒に解決へ向かいましょう!